わたなべまこのこと

断面図をこよなく愛するわたなべまこのブログ

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

岐阜県恵那市にある、馥郁農園(ふくいくのうえん)さんでいちご狩りを楽しんできました!ゴールデンウィーク中に立ち寄った際は当日受付は不可、直売の苺も完売と空振りだったのですが、今回は前日に事前予約をして5月14日に訪問。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

今のところ、苺しか楽しんだ事がないのですが、桃やトマトも栽培されているそうです。いつか買いに行きたいなあ。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

苺シーズンもそろそろ終わりかけなので、苺の葉っぱがめちゃ大きくなっていて通路を歩くのも大変でした。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

いちご狩りは、苺をとってもいいレーンが決められていて、こことここの範囲でとってくださいね、と指示されるので、その通りにいちごをとりましょう。苺の花もバンバン咲いています。カワイイ。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

ハウスの中なので雨が降った訳ではないと思うのですが、なんだろう、水やり?気温差? 苺の葉に水滴がついていて、その葉の先にまんまるな雫がついていて、とても可愛いらしかったです。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

指示された真ん中のレーンは章姫でした。章姫は縦に長く、また、大きなサイズの苺が多かったです。全体的にほんのりと甘い感じで酸味がほとんど感じられなかったので、甘い苺が好き!って方は章姫がおすすめ。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

ほぼ水分、って感じで、お茶を飲み過ぎた時のようなお腹いっぱいの感覚にすぐなってしまいました(笑)。完熟寸前って感じで柔らかかったですよ。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

中にはこんな大きなサイズの章姫もありました。ヘタのギリギリまで赤く、先端だけではなくどこを食べても甘くて美味しい…!

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

章姫のレーンをはさんで両隣は紅ほっぺだったかな?こちらは果肉が少し硬めで、酸味もほどよく感じられるので、章姫に比べると味が濃い!って感じ。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

章姫に比べると綺麗な円錐形をしているのが多かったです。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

紅ほっぺは果肉が硬く、確かに酸味もあるのですが、その酸味があるおかげで甘みもしっかりと感じられました。ジュワッと果汁が口いっぱいに広がる感じです。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

上から見ると葉の多さが目立つのですが、下から覗き込むとこの通り、苺が沢山実っているのがよくわかります。私はずっとしゃがんで苺をとっていました。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

茎の部分もしっかりとしています。右下にびろんと伸びているのはランナーと呼ばれるもので、この先にまた新しい苺の苗(根)がつくのです。苺づくりって割と簡単で、家庭菜園でも上手に育てれば延々と増やす事ができるんですよ。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

左が紅ほっぺ、右が章姫です。どちらも大きなサイズが多かった。同時に食べ比べをすると、味の違いがしっかりとわかります。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

いちご狩りをする際に渡されるケースです。食べ終えた苺のヘタを入れるので、これでいくつ食べたか数える事ができます。ザックリですが、40~50個くらいは食べられたような気がする。いちご狩りは45分なんですが、30分くらいでお腹いっぱいになってしまったので、これで終わりにしてサクサクと退場しました。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

実は、苺は好きなんですけどいちご狩りはイマイチときめかなかったのですが…。苺大好きな父(画像の真ん中にポツンといるのが父です)に誘われて去年久しぶりに行ってみて、その楽しさにビックリ。それ以来、毎年通う事になりました。そういえば子供の頃も父に連れられてよく行ったな…いちご狩り。
たぶん来年も行くと思いまーす。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

もう苺はしばらく食べなくてもいいかな、ってくらい食べたんですけど、直売所でやっぱり買ってしまった。完熟苺、1パック250円でした。ちなみに今回のいちご狩りは1人1100円だったかな?苺シーズン終了に向けて少しずつ安くなっていきます。

馥郁農園でいちご狩りをしてきました

章姫がいっぱい詰まった、完熟苺のパック(250円)は、早く食べないと悪くなってしまうので、結局次の日には食べきってしまいました。苺は食べ飽きる事がないなあ。今年も美味しく、苺シーズンを乗り切る事ができました!

馥郁農園
http://www.fukuiku.org

【苺の断面図】やよいひめ

【苺の断面図】やよいひめ

苺のシーズンもそろそろ終わりですね~。茨城県産のやよいひめを入手しました。都内に住んでいた頃は群馬県産をよく買っていたように記憶しています。

【苺の断面図】やよいひめ

やよいひめは2005年に品種登録された群馬県生まれの苺です。とねほっぺ×とちおとめを交配したものを育成し、さらにとねほっぺを掛け合わせています。とねほっぺの血(?)が強いんですけど、とねほっぺ自体は私は食べた事がありません。

【苺の断面図】やよいひめ

画像の通り、やよいひめの果皮の色は少しオレンジがかった明るめの赤色…というか朱色のような色をしています。形はきれいな円錐形。慣れてくると、食べなくても見た目でやよいひめは判断できたりしますよ。なんか、他の苺とちょっと違うんです。作り物っぽい色と形というか…キレイすぎるんだよなあ。

【苺の断面図】やよいひめ

さて、やよいひめの名前の由来なのですが…。
一般的に3月を過ぎると気温が高くなり、ほとんどの苺の品質が低下しやすくなります。が、やよいひめだけは別!やよい=弥生(3月)とあるように、3月以降でも高い品質を維持できるのが最大の特徴なんですね。

【苺の断面図】やよいひめ

やよいひめの断面図

やよいひめの断面図です。外皮の赤さはそのままに、中心部もほんのりと赤色。そして、白い維管束がクッキリ、ハッキリと見えています。個人的な感想なんですが、苺の断面図も作り物のようにキレイすぎるのです(笑)。スイーツデコにありそうな苺の断面図でした~。

【苺の断面図】美濃娘(みのむすめ)

【苺の断面図】美濃娘(みのむすめ)

岐阜県のオリジナル品種、美濃娘(みのむすめ)です。
岐阜県のオリジナル品種の苺でいうと、濃姫を食べる機会のほうが多いのですが、久しぶりに美濃娘を買ってみました!

【苺の断面図】美濃娘(みのむすめ)

美濃娘は2007年に品種登録された、岐阜県オリジナル品種の苺、第2号です。
2021年現在で、岐阜県で栽培されるイチゴの約半分を占めているんだとか。確かにスーパーでもよく見かけます。まあ私は濃姫を好んで買っているんですが…。

【苺の断面図】美濃娘(みのむすめ)

美濃娘の特徴としては、大粒で果実のツヤが良く、果皮は朱赤で優れた外観というのがあります。美濃娘の断面図を見るとわかりますが、おにぎりのようにキレイな三角形をしていますよね。果肉が硬く日持ちが良いため、ケーキなどに使われるほか、岐阜県のお土産で苺味のものがあると美濃娘を使われている率が高いように感じます。

【中津川市】ちこり村

【中津川市】ちこり村

ゴールデンウィーク中、岐阜県中津川市にある、ちこり村に行ってきました。

【中津川市】ちこり村

入り口にドドーン!と存在しているこの謎のオブジェは、ちこりという野菜です。岩下の新ショウガのテーマパークを思い出しました。

【中津川市】ちこり村

ちこり村は、地域の住民と地域活性化に取り組む野菜のテーマパークなのです。という訳で、野菜をメインに館内では中津川市を中心とした岐阜県の特産品がズラリと並んでいます。

【中津川市】ちこり村

イメージキャラクターの、ちっこりちこ蔵。

【中津川市】ちこり村

入り口の脇には地元のミルクを使ったソフトクリームなどなど。
中津川よくばりパフェ、っていう名前が素敵。こういう、地元の地名がついているものってなんかすごく美味しそうに思えるから不思議ですね。

【中津川市】ちこり村

ちこり村で育った野菜を使った加工品なども並んでいました。ちこり村のたまねぎスープ、人気があるみたいですよ。

【中津川市】ちこり村

オープンしてすぐだったので、ちょっと棚が寂しかったのですが…パン屋さんもありました。

【中津川市】ちこり村

栗きんとん入り?の食パンだって!
中津川は栗きんとんが有名な地なので、栗きんとんだけではなく、栗きんとん味のスイーツとか、栗を使った特産品が多いですよ。

【中津川市】ちこり村

これは土岐市の道の駅でも見た事がある、かりんとうです。

【中津川市】ちこり村

中津川市ほか、岐阜県の素材をつかっているかりんとうなので、岐阜県のお土産にもなりそうです。

ちこり村
https://www.chicory.jp/index.html

【苺の断面図】かおり野

【苺の断面図】かおり野

三重県産、かおり野です。

三重県が開発した品種の苺で、登録されたのは2010年。今からおよそ12年前という事になりますが、意外と全国的には知られていない品種じゃないかなあ…と、なんとなく個人的に思います。岐阜県に戻って来てからは、近いからか三重県産のものがよくスーパーに並んでいるのですが。

【苺の断面図】かおり野

交配親は、0028401×0023001と、ちょっと難しいですね。「女峰」「アイベリー」「とよのか」「宝交早生」「章姫」「あかしゃのみつこ」「とちおとめ」「サンチーゴ」といった主要な8品種をもとに交配を繰り返して、育成・選抜された品種です。

かおり野の特徴は大きな円錐形で、どちらかというとシュッとしています。果皮は橙色に近い赤色。

【苺の断面図】かおり野

かおり野の断面図

かおり野の断面図はこちら。
外皮とは反対に、かおり野の果肉は中心部まで真っ白なんですね。苺の断面図を観察するとわかりますが、外皮にあたるフチの赤と果肉の白のコントラストがとても美しい品種なんです。

【苺の断面図】かおり野

苺の断面図は真っ白ですが、甘さはちゃんとあるのでご安心ください。そして、甘さだけではなくその名の由来にもなっている通り、香りがとてもいいのです。これはリナロールというフレッシュな甘い香気成分を多く含んでいるからなんだそうですよ。